羽島市議会12月定例会、総務委員会にて委員会付託案件が議論されました

想い

おはようございます。
市議会議員の河崎です。 

12/15は【令和5年12月 第5回市議会定例会 総務委員会】が実施されました。 

本議会にて議案として提出されている案件について委員会付託されている案件について質疑・討論・採決が執り行われました。 

  • 議第 94 号 令和5年度羽島市一般会計補正予算(第7号) 
  • 議第 78 号 羽島市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部を改正する条例について  
  • 議第 80 号 羽島市手数料条例の一部を改正する条例について  
  • 議第 87 号 羽島市文化センター及び羽島市立中央公民館の指定管理者の指定について 
  • 議第 88 号 羽島市歴史民俗資料館の指定管理者の指定について  
  • 議第 89 号 羽島市スポーツ施設の指定管理者の指定について  
  • 発議第 7 号 羽島市議会議員の定数を定める条例の一部を改正する条例について 
  • 発議第 8 号 羽島市議会議員の定数を定める条例の一部を改正する条例について 
スポンサーリンク

議員定数削減の提案

今回の議会において、議員発議にて「羽島市議会議員の定数を定める条例の一部を改正する条例について」提出がされました。

こちらは現在18人が定数となっている羽島市議会議員を減らす提案になります。
発議の内容については、定数18人から2人削減し、16人にするというモノです。
私が所属する自民清和会の野口議員が発議者となり、私も賛同者として提出させていただきました。

定数削減の議論の際に、「誰が削減に賛成、反対したのかはわからないようにして欲しい」というご意見が先輩議員の中から出ておりましたが、議論の内容も見られていることを踏まえ議員をしていると思いますので開かれた議会にしていきたいと私は思います。

どのタイミングでこちらの発議の結果が出るかはわかりませんが、少しでも市民の皆様に「頑張っている」と言われる議会にしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました